デメリットについて

みなさんだって民事保全や訴訟という手段に出ることは可能は可能ですが、法的ノウハウが充分でないため、タイムリーな瞬間において、もうちょっと待って見ようかという臆病な気持ちが起こってしまうかもしれません。弁護士に相談するということは、交渉に対して効率性を求めることが出来、労力を一番節約することが出来る方法と考えてください。

ただし、弁護士に相談するデメリットも存在しているのも事実です。 弁護士に売掛金回収を依頼すれば費用がかかってしまうことになります。ですから、小額の売掛金回収ではなかなか弁護士に相談しにくいというも納得出来る話しです。しかし企業は成長して行けば、今後もっと売掛金回収のトラブルの見舞われるものと考えることが出来ます。その時いちいち事業が中断してしまうようではやっぱり話しにはならないでしょう。

ですから最初から企業は弁護士と上手くつきあっていくという姿勢を持つことも大事ではないでしょうか。

更に弁護士に依頼をすれば相手との関係を悪化させてしまうかもという警戒心を持つこともあるかもしれません。しかし、売掛金回収を弁護士に依頼することは、もはや企業にとって当たり前のルールにもなって来ているのです。相手だってそれを知っているはずです。このまま立ち止まっていたとしてもお互いにいいことなんてないのではないでしょうか。

法的ノウハウ

弁護士に任せて相手に請求を出せば、通知の名義は企業ではなく弁護士です。弁護士名義というだけで相当な強みにすることが出来ます。相手だってなかなか今まで弁護士名義で通知を受け止ることはないでしょう。 そのとき相手は、場合によっては裁判所を使った強制的な手段も覚悟しなければならないかもということを頭に浮かべて、今までの対応の仕方ではまずいことになるかもと考えるかもしれません。たったそれだけのことなのに売掛金回収がスムーズに行くケースは結構多いと言います。

売掛金回収のノウハウも、企業が持っているものよりも弁護士の方が法律の問題をからめていろいろ知っているため、弁護士依頼によって弁護士の持つ知識を充分に活かすことが出来るようになります。また、弁護士法人アディーレのように、専門的な知識や手段を駆使しながら、回収業務を行ってもらえます。法律のプロフェッショナルである弁護士の強みであり、企業自身が売掛金回収するよりも効率的であり、スピーディーに回収出来ることも間違いがありません。

売掛金の回収にあたっては,会社に与えるインパクトやダメージを考慮すると,回収率を高めるのはもちろん,迅速かつ可能な限りローコストで回収することが重要です。

そして、それでも相手が売掛金の支払いをしてくれない場合、弁護士なら民事保全や訴訟、強制執行といった法的手段にもすみやかに出るという選択肢をとることが出来ます。実際に、ここに到達するためにも相当な法的知識が必要なのです。

弁護士に任せる

売掛金をなかなか回収出来ないで困っている方々や企業も多くいらっしゃるのではないでしょうか。売掛金回収如きは、自分でなんとかしなければならない問題ではあるのかもしれません。しかし、企業が成長して行けば行く程そのような問題も数多く抱えることになり、回収困難な数も多く抱えてしまい、そのようなものに時間を割かれてしまうことで、本来の仕事にまともに向きあうことが出来なくなってしまうかもしれません。

別にあなたの会社は、売掛金回収が本来の仕事ではないはずです。売掛金回収は自分で出来る問題だとしても、そのようなとき敢えて法律のプロフェッショナルに任せる意識を持つことで、随分事業の運営もスムーズに出来るようになるのではないでしょうか。今、売掛金回収を弁護士という法律のプロフェッショナルに任せるケースもとても増えて来たと言います。まず、みなさんは法律のプロフェッショナルに任せることによって得ることが出来るメリットについて考えてみましょう。

法律のプロフェッショナルにお任せするということで、相手に対して、企業独自で売掛金回収するよりも相当強いプレッシャーを与えることが出来るようになります。ズバリ相手に通知が届く時には「企業名義ではない」ということが大きな強みなのです。

そのとき、今まで散々手こずっていた相手は企業名義ではない通知によって「今までとはちょっと事態は違うぞ……。もっと真剣に対応しなければならないかも」という不安な気持ちを持つことになるかもしれません。