デメリットについて

みなさんだって民事保全や訴訟という手段に出ることは可能は可能ですが、法的ノウハウが充分でないため、タイムリーな瞬間において、もうちょっと待って見ようかという臆病な気持ちが起こってしまうかもしれません。弁護士に相談するということは、交渉に対して効率性を求めることが出来、労力を一番節約することが出来る方法と考えてください。

ただし、弁護士に相談するデメリットも存在しているのも事実です。 弁護士に売掛金回収を依頼すれば費用がかかってしまうことになります。ですから、小額の売掛金回収ではなかなか弁護士に相談しにくいというも納得出来る話しです。しかし企業は成長して行けば、今後もっと売掛金回収のトラブルの見舞われるものと考えることが出来ます。その時いちいち事業が中断してしまうようではやっぱり話しにはならないでしょう。

ですから最初から企業は弁護士と上手くつきあっていくという姿勢を持つことも大事ではないでしょうか。

更に弁護士に依頼をすれば相手との関係を悪化させてしまうかもという警戒心を持つこともあるかもしれません。しかし、売掛金回収を弁護士に依頼することは、もはや企業にとって当たり前のルールにもなって来ているのです。相手だってそれを知っているはずです。このまま立ち止まっていたとしてもお互いにいいことなんてないのではないでしょうか。